12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

たがめの寝床

  // 

これからの福島の生き物たちの記録を中心に綴っていこうと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

アセビ 

130417アセビとヤマザクラとフタホシテントウ_400
アセビとヤマザクラ

2013年4月17日 双葉町

ご覧頂きありがとうございます。
よかったらクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
植物  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

イチョウウキゴケ 

130413イチョウウキゴケ1_400
富岡で見つけた水田の跡地では多くの浮き草がありました。

130413イチョウウキゴケ2_400
目を凝らして近づくと、銀杏の形をしたイチョウウキゴケでした。久しぶりにこれだけの数のイチョウウキゴケを目にすることができました。しかしこの場所も環境省の除染エリア対象地となっています。人が引き起こした事故とはいえ、人と生き物の関係は5:5にはならないのでしょうか。

イチョウウキゴケ
福島県レッドリスト絶滅危惧Ⅰ類 
環境省レッドリスト準絶滅危惧種


ご覧頂きありがとうございます。
よかったらクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村


植物  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

タネツケバナ 

130413タネツケバナ_400
富岡町に残っていた水辺の一つには、苗代の準備を始めるころに咲くタネツケバナが花をつけていました。震災以前は、ここも耕作が行われていましたが、今は山からの染み出し水が流れ込んだ湿地となっていました。こういった湿地は避難解除準備区域内では数箇所しか見つけることができませんでした。

130413セイタカアワダチソウ_400
そのため水が流れ込んでいない場所がほとんどのため、外来種のセイタカアワダチソウが耕作地帯一面を覆いつくした跡があちこちに残っていました。

2013年4月13日 富岡町

ご覧頂きありがとうございます。
よかったらクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村



植物  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

ソメイヨシノ 

130413夜ノ森サクラ_400
富岡町は先月の25日に警戒区域から「帰還困難区域」、「居住制限区域」、「避難指示解除準備区域」の3区に再編されました。その避難指示解除準備区域にあたる夜ノ森の桜を調査の合間に訪れました。ここは福島第一原子力発電所から直線距離で約5kmほどに位置します。震災前は桜のこの時期になるとこの道路は人と車で埋め尽くされていました。見ごろは少し過ぎてましたが、昨日は週末というのに人気はほとんどありませんでした。

130413夜ノ森サクラ1_400
樹木には観桜する際は車中よりという注意看板が取り付けられていました。
-- 続きを読む --
植物  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top

ツクシ 

130320ツクシ_400
山間から流れてくる湧水は用水路へと続いていました。その田んぼの畦にはツクシが1本立ち、水の流れ込む場所を探していました。
植物  /  tb: 0  /  cm: --  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。